文字サイズ

活動と政策

2020.11.16 (月)

宇治市長選(12月6日投票)/ ながさこ千春さんが立候補決意


 宇治市長選が11月29日告示、12月6日投票でたたかわれます。幅広い市民でつくる「『こんな宇治』プロジェクト」が、元教諭で訪問介護員の、ながさこ千春(長廻ちはる)氏(63)=無所属新=を擁立します。日本共産党は、「こんな宇治プロジェクト」に参加する「宇治市民ネット」(民主市政の会)の一員として、ながさこさん勝利で市政転換めざし全力をあげています。

 市民要求を語り合う集会や、「どんな市長を実現したいか」などの集会を経て、9日に公開の場で候補者決定をおこなう会合を個人、日本共産党や無所属の市議など11人が呼びかけ人となり開催。その場で、ながさこ氏を候補者として決定しました。同日、確認団体として同プロジェクトが立ち上げられました。

 10日に開かれた記者会見で、ながさこ氏は、中学校給食の実現、まちづくりなど、コロナ禍で不要不急の大型開発ではなく市民のために税金を使う市政への転換などの公約を語り、「宇治の『宇』は端から端までの意味。市民が自分たちですみずみまで治められる自治体をつくりたい」と抱負を述べました。

 呼びかけ人の1人で無会派の佐々木真由美市議は「市民の声が届くような選挙の形をつくろうと、候補者もみんなで選んできた。政治にあきらめている市民にもよびかけたい」と語りました。

 同市長選には、前京都府健康福祉部長の松村淳子氏(62)=無所属新・自民、公明、立憲民主推薦=が立候補を表明しています。













ながさこ(長廻)千春 (63新)

こんな宇治プロジェクト顧問
介護ヘルパー、元支援 学校講師、元小学校教員

【略歴】
1957年生まれ。小倉町堀池在住。名古屋市生まれ。
高知大学文理学部経済学科卒業。京都大学生活協同組合に勤務後、宇治市(平盛小、槇島小、三室戸小、伊勢田小)などで小学校教諭30年。
退職後、南山城支援学校高等部講師、小倉小学校で「まなび支援員」、訪問介護ヘルパー。趣味 走ること(宇治川マラソン・木津川マラソン完走 。

☆☆♩♫♪ぜひご覧ください。そして拡散してください♪♫♩☆☆

    ◆◆ ながさこ千春さんのサイト ◆◆
     政策や宣伝物などを掲載しています。
      https://konnauji.wixsite.com/home/
    ◇◇ ながさこ千春さんのfacebookページ ◇◇
     動画、日程、活動報告などを掲載しています。
      https://www.facebook.com/nagasakothiharu/
活動と政策 タグ 過去記事
Tweet

ページトップへ