文字サイズ

活動と政策

2020.5.19 (火)

検察庁法案~今国会政府断念 世論の力が動かした …京都府委員会が緊急街頭宣伝

 特定の検察幹部の定年を内閣の意向で特例的に延長することを可能にする検察庁法改定案の今国会での採決を断念しました。「改定案」に対してインターネット上などに急速に広がった反対の世論と野党の論戦が、今国会での成立断念に追い込みました。
 

  5月19日(火) 昼休み、御池烏丸にて、検察庁法案めぐるたたかい報告と、新型コロナでの政治の役割発揮について、日本共産党京都府委員会による緊急宣伝がとりくまれ、渡辺和俊府委員長につづいて、原田完府議、河合ようこ京都市議、かまの敏徳京都市議が訴えました。宣伝には、さこ祐仁府議、西山のぶひで府議、森田ゆみ子京都市議、西野さち子京都市議も参加しました。

 
 
活動と政策 タグ 過去記事
Tweet

ページトップへ