文字サイズ

活動と政策

2017.3.29 (火)

日本共産党はなぜ「森友問題」を追及できるのか

宮本たけし衆議院議員の演説から

20170329

森友問題を追及していると、「なぜ日本共産党に内部告発が寄せられるんですか」とよく聞かれます。それは、告発する人に聞いてみないとわかりませんが、私たちには二つほど心当たりがあります。

何の腐れ縁もない清潔な党だから

一つは、内部告発はクビをかけてやるんです。向こう側の中にいる人が、「あまりにもひどい話だ、このまま見過ごすわけにはいかない」と思ってやる訳です。その内部告発を届ける相手が、自分が暴露しようとしている悪いものと裏でつながっている、仲間であれば一発で終わり。疑惑は全部疑惑だけに終わってしまいます。

私たちは情報源を最後まで守り抜きます。鴻池さん(参院議員)の文書は、鴻池さん自身が自分の事務所の文書だと明らかにされましたが、私たちはどこから入手したかは、今も秘匿しています。

日本共産党は政府と裏でつながっていない、財界・大企業と何の腐れ縁もない、政党助成金も受け取っていない清潔な党です。そういう党に持って行けば、必ず生かしてくれる、自分を裏切ることはないーそう信頼していただいているのは、大変うれしいことです。

資料の値打ちがわかり論戦力がある

もう一つ、心当たりを言いますと、せっかく大事な資料を届けても、その資料の値打ちがわからないとか、いざ国会論戦で取り上げてもやり込められて負けてしまう。そうなったら、これほど情けないことはありません。内部告発するならば、その資料の値打ちを一目見て理解できて、その資料を最大限使って安倍内閣や悪いものを徹底的に懲らしめる抜群の論戦力を持った党に届けなければならないそう考えたとき、それは日本共産党だと評価していただいている。これも本当にうれしいことですし、そういう皆さんのご期待に違わない働きを「森友」追及でやれてきたことに誇りと喜びを感じています。

この党を強く大きくしていただくことが巨悪を追い詰めて国民の皆さんの前に真実を明らかにする力です。そして野党が結束して安倍内閣の暴走にストップをかけ安倍内閣を倒す力になると思います。来る総選挙勝利へ、引き続き日本共産党にご支持ご支援を賜りますよう心からお願いいたします。

(2017年3月25日、神戸市元町での演説から)
活動と政策 タグ 過去記事
Tweet

ページトップへ