文字サイズ

お知らせ

2017.6.19 (日)

なぜ?今、京都に北陸新幹線か 自治体要求連絡会が学習会

近藤宏一立命館大教授が講演、党府議団が報告

 自治体要求連絡会は21日午後7時から、京都市下京区のキャンパスプラザ京都で北陸新幹線延伸問題について考える学習会「なぜ? 今、京都に北陸新幹線か」を開きます。
 北陸新幹線敦賀以西への延伸をめぐっては、山田知事や与党議員らが誘致合戦を繰り広げて推進し、与党のプロジェクトチームがルートを決定しました。学習会では、総額2兆円以上と言われる財政負担や環境への影響、JR山陰線・奈良線の充実を求める声、活断層の影響や災害問題など、山積する問題について考えようと開かれるもの。立命館大学の近藤宏一教授が講演し、日本共産党府議団が府の動きについて報告します。
 問い合わせ☎075・211・1161(自治体要求連絡会)。

20170618b 延伸が計画されている北陸新幹線

(「京都民報」2017年6月18日付けより)
お知らせ タグ 過去記事
Tweet

ページトップへ