文字サイズ

活動と政策

2017.10.19 (土)

「9条守れ」共産党の底力を/臨済宗相國寺派管長 有馬頼底さん

arima

臨済宗相國寺派管長 有馬頼底さん

 憲法9条は決して変えてはなりません。いつも「ポケット憲法」を持ち歩き、講演でも必ず9条の条文を読みます。悲惨な戦争を体験をした日本は、憲法9条で二度と戦争をしないと誓いました。
 ところが安倍首相は、集団的自衛権の行使を認め、安保法制を強行し、アメリカの言うままに戦争に参加するという。これだけは絶対に許せない。9条を変えるのでなく、世界に憲法9条の精神を広めるべきなんです。9条は日本の宝ですから。
 11月4日からバチカン市国に行きます。法王はアルゼンチン出身の方で、異教徒との対話を重視しておられ、私が呼ばれたようです。「しんぶん赤旗日曜版」で「安倍改憲に反対し9条を守れ」と話した記事を英訳して手渡すつもりです。
 北朝鮮にも行く予定です。4回目になります。安倍首相は「対話ではなく圧力」とアメリカの言いなりです。直接会えば、誰も戦争なんてしたくないと分かります。「冷暖自知」。まずは対話と交渉を重ね、平和解決への道を開く。それは加害の歴史を持つ日本のやるべきことだと思います。
 総選挙では9条改憲を許さず、大同団結で闘おうと呼びかけている共産党に頑張ってほしい。中選挙区時代の旧京都1区で2人の国会議員を輩出した底力で、こくた恵二さんの勝利をはじめ、大きく躍進していただきたい。
活動と政策 タグ 過去記事
Tweet

ページトップへ