文字サイズ

活動と政策

2017.10.19 (土)

共闘と掲げる共産党 市民主義の旗手たれ/同志社大学教授・エコノミスト 浜矩子さん

hama

同志社大学教授・エコノミスト 浜矩子さん

 さらばご都合主義。さらば強欲主義。さらば国家主義。我々は今、実に多くのおぞましいことどもとおさらばしなければなりません。おぞましき政治との決別を達成するための決め手は何か。それは市民たちの力です。姑息な利害に制約されることなき市民的連帯。その前に、立ちはだかり切ることの出来る勢力は存在しません。市民が手を取り合って立ち上がる時、その前には、おのずと道が開かれて行きます。善良で良識ある市民たちの選択が、政治を変える。その姿を天下に示す時。それが今です。市民と野党の共闘を掲げる共産党の心意気や良し!
 今は、まさしく国難突破の時です。国家主義という名の国難を突破する時です。国家主義を打倒出来るものは何か。それは市民主義にほかなりません。市民主義こそ、21世紀の合言葉。この合言葉を強くかき抱き、高く差しかざして突き進む。共産党に市民主義の旗手たることを期待します。行け! 市民主義を掲げる者たち。
活動と政策 タグ 過去記事
Tweet

ページトップへ