文字サイズ

活動と政策

2017.10.11 (木)

対決軸は「二つに一つ」。比例の躍進で京都1区こくた勝利を

10月10日、こくた恵二国対委員長の「出発式」での渡辺和俊党府委員長の訴えを紹介します。
 みなさん。お早うございます。
 この選挙は、5年間の安倍暴走政治に審判を下す選挙です。そのためには、今回はどうしてもこくたさんを小選挙区から送り出さなければなりません。
 1区には3人立っています。選択は3通りでしょうか?いや、そうではありません。選択は「二つに一つ」です。
 一人は、安倍暴走政治のど真ん中で仕事をしてきた人です。もう一人は、民進党をつぶし、野党共闘をつぶして、自民党政治を延命させるために立ちあげられた政党の代表です。すなわち、2人とも同じ陣営の候補者です。
 片や、市民と3野党を代表する候補者は、こくたさん一人です。社民党本部が穀田さんを支援しています。新社会党の岡崎ひろみ委員長も穀田さんを推薦し、新社会党京都府本部も応援しています。立憲民主党はこの1区での候補者擁立を見送りました。従って、対決軸は「2つに一つ」。戦争法廃止・憲法を守るこくたか、戦争法推進・改憲の2人か。安倍政権打倒・野党共闘を進めるこくたか、安倍政権を継続させ、自民党政治延命の2人か。
 とはいえ、みなさん。小選挙区で勝つのは容易なことではありません。約20年前の京都の寺前巌さん、高知の山原健二さん、そして3年前の赤嶺政賢さん。共産党の候補者が小選挙区で勝ったのは、過去、この3人だけです。
 寺前さんが京都3区で勝ったときは、京都市内で歴史上初めて共産党が自民党を追い抜いて「第一党」になりました。寺前さんは、文字どおり近畿一円・京都全域をかけめぐって、比例代表選挙での共産党躍進の先頭に立ちました。こくたさんも今、1区の中だけに閉じこもってはいません。京都で、そして全国で、日本共産党を代表する政治家として、「比例代表選挙で共産党の躍進を」と訴えています。一昨日は、事務所開きの後に左京区まで足を伸ばし、地坂拓晃候補とともに訴えました。
 みなさん。「共産党」と書いていただく票がどこまで広がるか。このことにこくたさんの小選挙区での勝利がかかっています。全国に、近畿に、京都全域に視野を広げ、「日本共産党」と書いていただく票を広げに広げてください。それと一体に、京都1区ではこくたさんの支持を広げてください。
 京都府委員会は、「必勝区中の必勝区」として、自民党に打ち勝って比例第一党実現、小選挙区でのこくた恵二勝利へ、全力をつくす決意です。

こちらから日本共産党の2017総選挙・政策ダイジェストが閲覧できます。
活動と政策 タグ 過去記事
Tweet

ページトップへ